新着順:4/3142 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2度

 投稿者:マハール  投稿日:2021年 1月14日(木)07時39分54秒
  通報
  19611101-04
Impressions (John Coltrane)
(8分52秒)


【この曲、この演奏】
コルトレーン作とのこの曲は「ソー・ホワット」を基にしたモード曲で(資料09)、「Excerpts」という曲名も使われています。
コルトレーンは何度もライブでこの曲を演奏しいきますが、この曲名での演奏は1960年7月からのようです。このヴィレッジ・ヴァンガード四日間でも三回演奏されており、その中でこの初日の演奏が、最も短いものです。
John Coltrane(ts)
Eric Dolphy(as)
McCoy Tyner(p)
Jimmy Garrison(b)
Elvin Jones(d)
黄金カルテット+ドルフィーでの演奏となっています。
さて演奏ですが、ドライブ感あるこの曲のテーマを、コルトレーンとドルフィーが絶妙の絡み合いで演奏し、そのままコルトレーンの3分弱のテナーでのソロに入ります。コルトレーンは3曲目にして、エンジンが回り始めたようで、内容豊かなソロとなっています。続くドルフィーのアルト・ソロは、この日最初から好調なドルフィーが一層火を吹く演奏です。続くのはここまで控えめにバッキングしてきたマッコイの2分のソロです。この日に初めて陽が当たる場面のマッコイは、二人に負けるものかとの迫力あるソロです。
ギャリソンとエルヴィンの勢いの良さも加わり、全員の気持ちに一体感が出てきた中で、後テーマに繋がっていきます。
この演奏は、1979年に世に出ました。




【エピソード、演奏曲数と発売】
このヴィレッジ・ヴァンガード四日間では、曲数としては9曲、計22テイクが演奏されている。演奏回数が多い順に並べると、次のようになる。

4回演奏(毎日演奏)
India、Spiritual

3回演奏
Chasin' The Trane(Chasin' Another Trane)、Impressions

2回演奏
Miles' Mode、Naima、Greensleeves

1回演奏
Brasilia、Softly As In A Morning Sunrise

これら22回の演奏は、1962年から1997年までの35年間で、次の通り6回に分けて世に出たのだ。
1962年 A(S)-10(Coltrane "Live" at the Village Vanguard)
Softly As In A Morning Sunrise、Chasin' The Trane(Chasin' Another Trane)、Spiritual

1963年 A(S)-42(Impressions)
初出曲 Impressions、India
初出は2テイク(累計5/22)

1977年 AS-9325(The Other Village Vanguard Tapes)
初出曲 Brasilia、Greensleeves
初出は6テイク(累計11/22)

1979年 IZ-9361-2(Trane's Mode)
初出曲 Miles' Mode、Naima
初出は6テイク(累計17/22)

1985年 MACD-5541(From the Original Master Tapes)
初出曲 なし
初出は2テイク(累計19/22)

1997年 IMPD 4-232(Coltrane - The Complete 1961 Village Vanguard Recordings)
初出曲 なし
初出は3テイク(累計22/22)
 
》記事一覧表示

新着順:4/3142 《前のページ | 次のページ》
/3142