新着順:22/3096 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

9度

 投稿者:マハール  投稿日:2020年11月11日(水)06時45分59秒
  通報
  昨日の1枚は、SATLAH の SATLAH。
イスラム教とユダヤ教は違いますが、私はその違いを明確に述べられません。これにキリスト教を入れて三つの宗教は対立し、敵対してきました。
私はイスラム教が国の宗教であるマレーシアに、合わせて七年ほど住んでいました。朝のシャワーの時間にはアザーンが聞こえる環境にいました。また宗教に音楽はつきものであり、私はその音楽に親しみを感じていました。
このSATLAHの音楽を聴くと、そしてイスラエル出身ジャズマンの中でも「伝統的なジューイッシュ音楽、クレズマー、ハシディック」色を最も前面に出すザミールの演奏を聴くと、マレーシア駐在時代を思い出してしまいます。イスラム教とユダヤ教は違いますが、でもそう感じるところが私にはありました。
さて本作品ですが、そんな自分の中にある親しみが実に強く出ている作品です。ザミールがベースとドラムでのトリオで臨んだ演奏、そしてそこにジョン・ゾーンが加わって演奏、11の曲の中で輝いています。
 
》記事一覧表示

新着順:22/3096 《前のページ | 次のページ》
/3096