新着順:24/3096 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

12度

 投稿者:マハール  投稿日:2020年11月 9日(月)07時01分55秒
  通報
  今日の1枚は、Eli Degibri の In The Beginning、Fresh Sound原盤、2003年1月の録音です。
テナー・サックス奏者のエリ・デジブリに関しては、2005年録音作品「Emotionally Available」を「今日の1枚」で2008年11月17日に掲載しましたが、その際に私は彼をイスラエル出身ジャズマンとは知らずに、と言いますかイスラエル・ジャズという知識が全くない状態でした。そして彼についての情報を得たくても難しい状態でしたが、今ではWikipediaに彼のページがありますので、少し紹介します。
1978年にイスラエルのヤッファ(テルアビブのすぐ南)で生まれた彼は、7歳でマンドリンの演奏を始め、10歳の時にサックスに転向しました。18歳の1997年に奨学金を受けてバークリー音楽大学に入り、1999年にはハンコックのバンドに加わりプロ活動を始めました。今日取り上げる作品は、彼の初リーダー作になります。
今年の6月にディスクユニオン関内店の「E」コーナーでエリさんの作品を物色しましたら、本作品しかありませんでした。「買えるものなら買ってみろ」、そんなジャケです。これを紹介して頂いたSNSでの知人も、「私的には駄目ジャケ選手権ベスト3です」とコメントしておりました。この言葉、ディスクユニオンで手にした際に理解できました。彼の他の作品は彼の人間性が出ている良いポートレートを使っていますが、この第一作だけは「寄るんじゃねぇ」との嫌なものです。でもこの作品しかない、よって購入となりました。
Aaron Goldberg (p), Kurt Rosenwinkel (g), Jeff Ballard (d), そしてBen Street (b)との演奏です。




昨日の1枚は、Third World Love Songs。
ウィキペディアによれば、第三世界との分類の仕方には、二つの考えがあるそうです。東西冷戦時代の考えがその一つで、東西どちらにも属さない国(主に発展途上国)と米ソに対して中立的なユーゴスラビアが、第三世界と分類されました。この考えですと、イスラエルは資本主義陣営として第一世界に属するとのことです。
二つ目の分類の考えは毛沢東が提唱したもので、第一世界は超大国である米ソ、第二世界は超大国以外の先進国、それ以外の国々は第三世界となるとのことです。この分類ですと、イスラエルをどこに分類するかは微妙なことになります。
さて本題に入りますが、このアルバム名が六曲全てを表しているとすると、第三世界からの随分と辛口のメッセージとなります。切なさと嘆き、希望を持ちたち人々の気持ちが、曲と演奏に現れています。四人の好演がこのメッセージを形成しているのですが、敢えて挙げるならばトランペットのアヴィシャイ・コーエンの語り口の強さと濃さの個性が、本作品の良さを決めているなと、私は感じました。
タイトル曲は、オマー・アヴィタルによるものです。圧巻の演奏です。一度は挫け倒れた青年が起き上がり、再び挑戦することを誓うような場面を思い出します。朝焼けでも夕焼けでも似合う内容です。アヴィシャイの泣きのトランペット、ベースとドラムの切れ味の良さ、ピアノの心を打つ演奏、どれにも感心しながら、私はこの演奏に惚れてしまいました。
 
》記事一覧表示

新着順:24/3096 《前のページ | 次のページ》
/3096