新着順:53/3096 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

15度

 投稿者:マハール  投稿日:2020年10月10日(土)07時22分11秒
  通報
  今日の1枚は、Yuval Cohen の Song Without Words、Anzic原盤、2009年8月の録音です。
コーエン三兄妹の最後に、長男であるソプラノ・サックス奏者のユヴァル・コーエンの作品を取り上げます。まずはWikipediaから簡単に彼を紹介します。1973年にテルアビブで生まれた彼は、1991年から1993年までイスラエル軍のビッグバンドで演奏し、その後にアメリカに移り、バークリー音楽院とマンハッタン音楽院で学びました。彼の最初の作品は2007年発売の「Freedom」、2010年に本作品を発表しています。2014年にはダウンビート誌での賞を受け、そこでピアニストの浜村昌子とデュオ演奏をしたとのことです。また同姓同名のピアニストがいますが、彼とは全く関係ないとのことです。
アナットさん、アヴィシャイさんと妹と弟は活発なレコーディング活動を行っていますが、長男のユヴァルさんは控え目なレコーディング活動となっています。
さて本作ですが、イスラエル出身ピアニストで今やジャズ界の主要ピアニストといえる、シャイ・マエストロ(1987年生まれ)とのデュオ作品です。





昨日の1枚は、Avishai Cohen's Triveni の Dark Nights。
夜の静けさと共に一人で過ごす時間も、人には大切なもでしょう。落ち着き、巡らす考え、悩みに悩み、たまに夢を描け、やがて眠りに入り新しい日を迎える、私もそんな時間を大切にしています。
本作はそんな気持ちを、多様な角度から表現している演奏です。この三人の息の合い方はお見事ですし、聴き惚れるものです。またアヴィシャイのトランペットは、偉大な大先輩の影響をたっぷりと受けながら、オリジナリティを確立しているものです。刺激を求める粋がった姿と、優しさを願っている柔な面、このいったりきたりも演奏から楽しめ、これがアヴィシャイの個性なのかなと思ったりもしました。
エフェクターを使い多重録音をしたりの演奏もありますが、全く気にならないものです。光っているトランペット奏者と息の合ったベースとドラム、素敵な世界を作り上げました。
本作が発表された2014年に、アヴィシャイは初来日公演を果たしたとのことです。そこで聴けた方々は、幸運だったことでしょう。
 
》記事一覧表示

新着順:53/3096 《前のページ | 次のページ》
/3096