新着順:62/3096 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

18度

 投稿者:マハール  投稿日:2020年10月 1日(木)07時26分21秒
  通報
  今日の1枚は、John Coltrane の Giant Steps、Atlantic原盤、1959年5月の録音です。
コルトレーンはアトランティック・レーベルに、1959年1月から1961年5月にかけて、12回のレコーディングを行いました。それらの演奏は、1960年1月から1966年4月にかけて、8枚のオリジナル・アルバムで発売されました。
今日取り上げる大名盤「ジャイアント・ステップス」は、その8枚の最初に発売されたもので、1960年1月に「1311」との規格番号で発売されました。
収録されている演奏は、1959年5月4日から「Countdown」と「Spiral」、翌日5月5日から「Giant Steps」「Cousin Mary」「Syeeda's Song Flute」「Mr. P.C.」、そして12月2日から「Naima」が収録されています。
最後の録音の翌月にアルバム発売、その最後の録音は5月5日にも録音していたがテープ紛失、コルトレーンにそれなりの契約金を払ったアトランティックだが第一弾は契約から10カ月後、これらの事実から私が考える「ジャイアント・ステップス」発売までには、次のようなお話があったのでしょう。
1955年からのプレスティッジ時代でコルトレーンは、ハード・バップの中で多くの経験をし、そして演奏かとしての自分を大きく前進させましたし、コルトレーン自信がそれを大きく感じていたことでしょう。その中で徐々にプレスティッジが準備するレコーディング環境では実現できないアイディアに、コルトレーンは包まれていきました。そんな葛藤は1958年5月23日のセッションに聴くことができます。
私はこの時期にコルトレーンの頭の中にあったアイディアが、「ジャイアント・ステップス」だったと思います。そのアイディアの実現のためには、自分の思うメンバーで、自分の演奏したい曲を、しっかりと準備した環境が必要でした。それはプレスティッジでは叶うことではなく、違う環境が必要となりました。恐らくは1958年5月にはプレスティッジとの契約更新はしないことをコルトレーンは決め、そしてアイディア実現のための準備を始めたのでしょう。
それから半年後の、アトランティック最初のレコーディングがあり、それはアトランティックが用意したミルト・ジャクソンとの双頭セッションでした。恐らくアトランティックもコルトレーンも最初の作品は強力なものにしたく、その意味ではミルトとのレコーディングは弱いもので、コルトレーンのアイディアの実現に両者が一致したことでしょう。
3月26日には「Giant Steps」や「Naima」といった、コルトレーンが温めていた曲を、多くのテイクを重ねてのレコーディングを行いました。しかしピアノのシダー・ウォルトンは、あくまでコルトレーンのアイディアという意味では当てはまらない演奏内容だったこともあり、3月26日の演奏はボツとしました。そして5月に入り、ピアノをトミー・グラナガンに、ドラムをアート・テイラーに替えて、ポール・チェンバースと共に二日間のレコーディングを行いました。それは手応えのあったものでした。これでアトランティック 第一弾の発売に向けて、諸作業が進んでいくはずでした。
9月頃の発売に向けての準備の中で、重要曲「Naima」を消してしまった、という一大事になったのでしょう。アトランティックとしては他にも良い演奏があるので「Naima」無しでの発売を望み、しかしコルトレーンとしては「Naima」無しでは発売できない、そんなやりとりがあったはずです。
再びのレコーディングの準備を行い、しかしながら演奏者を含めて都合が合わず、結局11月24日と12月2日のレコーディング設定となり、ただしメンバーはピアノがウィントン・ケリーに、ドラムはジミー・コブへの交代となり、ようやく「Naima」が録音されました。
やたらと紛失するアトランティックですが、この「Naima」には最善の注意を払い、年が明けてすぐの「ジャイアント・ステップス」、コルトレーンのアトランティック第一弾アルバムの発売となりました。
私の妄想オハナシはここまでとして、大名盤「ジャイアント・ステップス」を聴いてみます。
 
》記事一覧表示

新着順:62/3096 《前のページ | 次のページ》
/3096