新着順:67/3096 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

18度

 投稿者:マハール  投稿日:2020年 9月26日(土)07時02分20秒
  通報
  さてファラオさんにマレイさん、そしてマッコイさんの「イス ジャケ」作品。
この作品の魅力は、ぶっ飛ばした演奏をしているところ、テナー2本だけではなくマッコイもセシルも、そしてロイまでフルスロットルの演奏を聴かせてくれます。コルトレーンがこの演奏を耳にすれば、それは笑顔になることでしょう。
本作品をプロデュースしたボブ・シールにかわり、この2020年にこのような作品を自分が作るとしたら、テナー・サックスは誰にするのかと、ふと考えました。でもすぐに最近のジャズに疎い自分に苦笑いしながら、相応しいジャズマンとの出会いに期待しながら、本作を聴き終えました。
 
》記事一覧表示

新着順:67/3096 《前のページ | 次のページ》
/3096