新着順:37/3063 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

18度

 投稿者:マハール  投稿日:2020年 9月23日(水)06時43分28秒
  通報
  さてブランフォードさんの「イス ジャケ」作品。
無理をして意地を貼ること、どうなるか分からない仲間との複雑な思い、誰にでもこんなことは日常によくあることでしょう。どの曲ということではなく、この作品にはそんな気持ちが随所に散りばめられています。その気持ちの動きを、この三人が、三人ならではの絶妙な間で、素敵に表現している作品と感じました。
スタンダード「Makin' Whoopee」での陽気そうな光景、オーネット・コールマン作「Peace」の平穏な日々の奥に潜んでいる厄介なこと、ブランフォード作「Random Abstract」でのゾクゾク感を求めたくなる流れ、そんな中での気持ちの動きが聴きごたえありました。
ドラムの録音の良さもあり、楽しめる作品です。
 
》記事一覧表示

新着順:37/3063 《前のページ | 次のページ》
/3063