新着順:110/3096 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

28度

 投稿者:マハール  投稿日:2020年 8月12日(水)07時01分57秒
  通報
  「今日の1枚からつまみ食い」、今回のテーマは「ソラ ジャケ」です。


「ソラ ジャケ」作品の16枚目は、George Robert の The Summit、1997年12月22日の録音です。
このジャケ写を見て、「雑居時代」というTVドラマを思い出しました。主役の石立鉄男扮するカメラマン助手がセッティングした女性グラビアの撮影現場で、川崎敬三扮する著名山岳写真家がシャターを押すというシーンが印象的なドラマでした。山岳写真というのは金にならないものとの印象を、私は強く持ちました。
それから結構な時を経て、私はカメラ好きになったのですが、スタジオでの女性撮影に興味を持った時期はありましたが、山岳写真に興味を持ったことはありませんでした。
さて本題のジョルジュ・ロベルト、或いはジョージ・ロバーツの本作品のジャケは典型的な山岳写真です。Joan Robert なる方が撮影したものですが、この現場にたどり着くまでが、大変なことなのでしょう。そこには険しい雪山の頂上と、見事な青空が広がっています。この青空はデジタル補正されているのでしょうが、頂上を見事に引き立てています。
本作品はジョージ・ロバーツとフィル・ウッズの共演作品であり、「今日の1枚」では2006年5月14日に取り上げました。「普通に良い作品といったとこでしょう。別に、人に推薦したくなるような内容ではありません」などと、私は冷たい感想を述べていました。この時代に勢い良かったアルト・サックス奏者、そして重鎮のアルト・サックス奏者の共演作品ですので、ジャケ写のように決まった瞬間があるはずです。その瞬間を楽しみにして、今回はつまみ食いします。
 
》記事一覧表示

新着順:110/3096 《前のページ | 次のページ》
/3096