新着順:148/3096 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

26度

 投稿者:マハール  投稿日:2020年 7月 5日(日)07時12分30秒
  通報
  今日の1枚は、John Coltrane の Bahia、Prestige原盤、1958年1月の録音です。
本アルバムも、ウイルバー・ハーデン入りの1958年7月11日のセッションと、ハバード入りの1958年12月26日のセッションから構成されています。
全八曲が演奏された前者からは「I'm A Dreamer Aren't We All」と「My Ideal」、全六曲の後者からは「Something I Dreamed Last Night」「Bahia」「Goldsboro Express」の三曲が収録されています。
本作品は、ソプラノ・サックスのコルトレーンの姿が誰もが知る存在となっていた、1965年5月に世に出ました。
(発売日はウィキペディアからの情報です)




昨日の1枚は、John Coltrane の Stardust。
A面頭の「Stardust」とB面最後の「Then I'll Be Tired Of You」、この二つのバラッド演奏が、この曲配置ですと輝く存在となります。またハーデンとハバードの色合いの違いも楽しめ、ガーランドの持ち味も最大限に発揮され、暖かい部屋でコーヒをすすりながら過ごす午後のひと時のような落ち着いた気分になります。そのコーヒーにはコーヒーフレッシュではなく、昔ながらの生クリームが軽く注がれており、より一層にコーヒー自体の味を引き立ている感じです。
恐らくはこの両セッションはコルトレーンの意向ではなく、プレスティッジが企画したものでしょう。そんな中にあってコルトレーンはメンバーに合わせながら自己主張もしっかりと行い、結果として聴き心地の良い作品となりました。
 
》記事一覧表示

新着順:148/3096 《前のページ | 次のページ》
/3096