新着順:31/2959 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

23度

 投稿者:マハール  投稿日:2020年 6月15日(月)06時52分4秒
  通報
  「今日の1枚からつまみ食い」、今回のテーマは「ソラ ジャケ」です。


「ソラ ジャケ」作品の12枚目は、D.D.Jackson の Suite For New York、2002年12月16日の録音です。
数年前にBSで「海の上のピアニスト」という映画を見ました。豪華客船で生まれ、一度も土を踏むことなく死んでいったピアニストのお話です。その豪華客船は大西洋を往復するヴァージニアン号なのですが、NYに近づくと必ず誰かが「自由の女神だ!」と叫ぶとの話がありました。
恐らくはこのジャケのようなシーンなのでしょう。霧の向こうに自由の女神が現れてくると、何十日という船旅の疲れも忘れて、叫んでしまうのでしょう。
このジャケ写の撮影地点はどこかと思い、グーグル地図で調べたところ、リバティ州立公園の北部でした。とするとジャケ写は、自由の女神が通り過ぎた先からの光景となりますが、「自由の女神だ!」と叫びたくなる雰囲気は十分ある霧のNYです。
さて霧ですがソラ資料よれば、いくつも呼び方があるようです。発生原因によっては、放射霧、混合霧、蒸気霧、滑昇霧、移流霧、前線霧と呼ぶそうです。霧粒では、湿霧、氷霧、霧氷霧と分類されるとのことです。また発生する場所によっては、盆地霧、都市霧、海霧、山霧、谷霧、そして川霧と呼ぶそうです。更には文学の世界では、朝霧、夕霧、狭霧、霧の帳、霧の雫などが使われているとあります。ジャケ写は、蒸気霧で湿霧、そして都市霧で朝霧なのでしょうか。
カナダのオタワで生まれアメリカを中心に陸で活躍しているピアニスト、D.D.ジャクソンの大編成作品の本作を「今日の1枚」で取り上げたのは、2003年10月17日のことでした。今日はジャケの雰囲気を、本作の演奏から味わいたいと思います。
 
》記事一覧表示

新着順:31/2959 《前のページ | 次のページ》
/2959