新着順:36/2959 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

23度

 投稿者:マハール  投稿日:2020年 6月10日(水)06時40分42秒
  通報
  今日の1枚は、Kasper Villaume の #2、Stunt原盤、2002年12月の録音です。
ディスクユニオン関内店中古CD半額セールで、250円で購入した作品です。
キャスパー・ヴィヨムとのカタカナ表記になるこのピアニストは、1974年生まれのデンマークのジャズマンです。ウィキペディアにページがある方ですが、そこには「2002年以来何枚かのアルバムを発表している」とありますので、今日取り上げるのは彼のごく初期の一枚となります。
「今日の1枚」では、彼の2004年録音盤を取り上げたことがありました。(2005/6/10)それはJesper Bodilsen(b) と Jeff Tain Watts(d)が参加としてのトリオ作でしたが、私はベースとドラムをほめておりました。
今日取り上げる2002年作品には、Lars Moller(ts)、Jesper Bodilsen(b)、そしてMorten Lund(d)が参加しての、カルテットでの演奏です。


昨日の1枚は、Machito & His Afro-Cuban Ensemble の Machito With Flute To Boot。
アフロ・キューバン・ジャズの楽しさを満喫でき、それはそれで楽しい1枚です。ハービー・マンやグリフィンの魅力が出ているわけではありませんが、二人のファンの方ならば、必須アイテムなのでしょう。
 
》記事一覧表示

新着順:36/2959 《前のページ | 次のページ》
/2959