新着順:31/2917 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

18度

 投稿者:マハール  投稿日:2020年 5月 3日(日)07時03分11秒
  通報
  今日の1枚は、The Ray Draper Quintet Featuring John Coltrane、New Jazz原盤、1957年12月の録音です。
40年ほど前に見たTV番組に、プロ・ミュージシャンを目指す大学生を取り上げたものがあり、その人は高校生時代に原辰徳選手らと甲子園に出場した野球選手で、大学進学と同時に目標を音楽に変え、そのチャレンジぶりを伝える番組でした。何故だか私はこの番組が印象に残り、その後に何度か思い出しましたが、その方の情報に接することなく、いつしか忘れていました。
私が毎年顔を出している横濱ジャズプロムナード、確か2018年の最後のプログラムに、私はニューオーリンズ・ジャズのステージを選びました。普段は全く聴かないジャンルに接してみようと、日本三大バンドの共演ステージを楽しんでいました。外山喜雄とデキシー・セインツのステージでのバンマスのMCでは、ニューオーリンズでのジャズ武者修行の壮絶さに驚いていた後に、メンバー紹介に移りました。ウッドベース藤崎羊一!、との後にバンマスの「彼は高校時代には原辰徳と甲子園で活躍し決勝に二度・・・」、との説明を聞いて私は、40年前のTV番組を思い出しました。
このステージを楽しみ、自宅に戻り、ネットでベース奏者藤崎氏について調べたところ、若い時には自分のバンドで活動した後の1998年からデキシー・セインツに加わったそうです。そしてチューバも演奏するようになったとのことです。確かに横濱ジャズプロムナードでの他の二つのバンドにはベース奏者はなく、チューバがベースラインを担当していました。
ジャズでは長らくチューバは必要不可欠な楽器であり、ベースラインを担当する楽器だったのです。その役割がウッドベースになってからはチューバの活躍場所はジャズにはなくなりましたが、1950年台半ばにプレスティッジは、レイ・ドレイパーという若いチューバ奏者にレコーディングの機会を与えました。レイの経歴や、このコルトレーンとのセッションについては、「今日のコルトレーン」に書きましたので、そちらをご参照ください。http://www.maharl.com/coltrane/19571220/19571220-01.html
ジャケを見ればまだ幼さも感じる青年が、チューバを抱えています。その年齢は、藤崎氏が甲子園で活躍していた時期と同じであります。



昨日の1枚は、Red Garland の Dig It !。
コルトレーンが参加していない、ガーランドトリオでの「Crazy Rhythm」ですが、この曲の持つアップ・テンポの楽しさをストレートに発揮している演奏です。さすがは人気者ガーランド と感じ入る演奏なのですが、この曲も1970年に入ってからの発売となったガーランドのリーダー作「It's A Blue World」にも収録されている演奏です。この意味ではやはりプレスティッジということなのでしょう。
楽しく体を蚊kるくゆすりながらのA面に対して、B面では「C.T.A.」に続いて「Lazy Mae」が演奏されています。16分のこの演奏、「今日のコルトレーン」では「流石はこのメンバーですので、存在感あるウダウダ演奏」と書いたのですが、サラッとも聴けるし、考えを込めて聴き入ることもできる、存在感のある演奏になっています。
ジャズ喫茶黄金時代、そこには当時の文化もあるのでしょうけど、高価な輸入盤と大音量が許されない当時の住宅環境も、ジャズ喫茶人気の理由だったと思います。そこでマスターがこの作品をターンテーブルに乗せる時に、こっちの方が良いよと呟きながら、A面主義を横に置いといてB面に針を置いていたのではと、私は勝手に想像してしまいます。この「Lazy Mae」が持つジャズの魅力に酔った方々が多かったのではと思いながら、「Lazy Mae」の16分間を楽しんで本作を聴き終えました。
 
》記事一覧表示

新着順:31/2917 《前のページ | 次のページ》
/2917