新着順:234/3096 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

12度

 投稿者:マハール  投稿日:2020年 4月 9日(木)07時30分28秒
  通報
  今日の1枚は、Herbie Mann の Memphis Underground、Atlantic原盤、1968年8月の録音です。
ディスクユニオン関内店中古CD半額セールで、150円で購入した作品です。
ジャズ初心者の時に買わなかった有名作品は買い難いものだ、というようなシーンがラズウェル細木の漫画にありました。私もそんな作品があったものですが、今日取り上げる有名盤を買わなかった理由は「ジャズロックの・・・」「クロスオーバーの先駆け・・・」のような謳い文句に心が動かなかったからです。
そんな時からかなりの年数を経て、缶コーヒーを買うほどの思いで本作と出会えました。「今日の1枚」では、1958年の作品と1962年の作品に続く、三回目のハービー・マンの作品となります。ロイ・エアーズ(vib)、ラリー・コリエル(g)、そしてソニー・シャーロック(g)が参加しています。


昨日の1枚は、John Hicks の Friends Old And New。
古いアメリカ映画、アステアなどが踊っている映画、ショーが繰り広げられているキャバレー、そんな絵がこの作品を聴いていると、頭を駆け巡りました。
ボブ・シールの狙いはそこだったのか、それは分かりませんが、いつものヒックスとは違う一面を聴ける作品です。
 
》記事一覧表示

新着順:234/3096 《前のページ | 次のページ》
/3096