新着順:242/3096 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

10度

 投稿者:マハール  投稿日:2020年 4月 1日(水)08時07分43秒
  通報
  今日の1枚は、John Coltrane With The Red Garland Trio の Traneing In、Prestige原盤、1957年8月の録音です。
1957年8月23日にコルトレーンが、ガーランド、チェンバース、そしてアート・テイラーと吹き込んだ作品です。
LP7123との規格番号で最初に世に出たのは1958年2月or3月(ウィキペディア情報)で、燃え上がる赤が印象的なジャケで、「John Coltrane With The Red Garland Trio」とのタイトルでした。後にここに掲載したジャケで、タイトルを「 Traneing In」に変更して発売されました。発売という切り口から見た場合、本作はLP7105に続く、コルトレーンのプレスティッジでの2作目のリーダー作となります。もっともBNへの吹き込み作品は1957年9月録音ながら、2ヶ月後に発売されています。(フレデリック・コーエン氏の著作からの情報)
本作をワン・ホーン作品として考えた場合、タッド・ダメロンのLP7070「Mating Call」に続く作品です。
さて本作についてコルトレーンのリーダー作というよりは、ガーランドとの双頭作品と考えている人も多いのではと思います。今回掲載ジャケですとコルトレーンが前面に出ていますが、最初に世に出たジャケならば双頭作品との印象が強くなります。しかしそちらのジャケはCDでは所有しておりませんので、このジャケの掲載となりました。
各曲についてはコルトレーン特集で触れていますので、ここではアルバム全体のイメージを感じてみます。
 
》記事一覧表示

新着順:242/3096 《前のページ | 次のページ》
/3096