新着順:13/2858 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

11度

 投稿者:マハール  投稿日:2020年 3月23日(月)07時39分42秒
  通報
  さてアリソンさんの「イス ジャケ」作品。
考えてみたら大作の後の作品は、意気込みが空回りすることがある中で、アリソンさんは落ち着いたスロー・ナンバー集を素敵に作ったものです。空回りしたのは私の感想でした。
スローな気分を支えてくれるバック陣も加わり、そして選曲のセンスも決まり、NYタイムズが「singer with a feline touch and impeccable intonation」と絶賛したアリソンさんの歌声の魅力が活きた作品になっています。
半分の6曲名に、「Blue」とのスペルが入っています。その中のジョニ・ミッチェル作の「Blue Motel Room」が、今回のつまみ食いで私の心に止まりました。「I hope you'll be thinking of me, because I'll be thinking of you」の歌詞の響き方が、Danny Embrey のギターと共に、ブルーな雰囲気で流れていきます。
表ジャケ以外の彼女の写真をみますと、シャイな彼女がそこにいます。そんなアリソンさんの魅力が本作に感じられ、実に良いものでした。
 
》記事一覧表示

新着順:13/2858 《前のページ | 次のページ》
/2858