新着順:13/2782 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

4度

 投稿者:マハール  投稿日:2020年 1月 6日(月)07時48分2秒
  通報
  今日の1枚は、Oscar Peterson Trio + One、Mercury原盤、1964年2月の録音です。
ディスクユニオン関内店中古CD半額セールで、300円で購入した作品です。
私にとっては2枚目、そして「今日の1枚」でも2枚目のオスカー・ピーターソンの作品です。レイ・ブラウン(b)とエド・シングペン(d)とのレギュラー・トリオに、クラーク・テリーを加えての演奏です。



昨日の1枚は、Norah Jones の Little Broken Hearts。
ウィキペディア英語版にこの作品のページがあり、ジャンル分けでは「Indie Pop」としています。私はこの「インディー・ポップ」なる言葉に初めて触れたのですが、意味が全くわからないです。インディーなのだから大会社ではなく独自に音楽制作に関わるとのことですが、それが大衆に受け入れやすい音楽、これは撞着語法なのでしょうかね。
少なくとも大手資本であるレーベルで制作され発売された本作なのですが、ゆったり感の流れに力強さがあるもので、また本作も大ヒットなったようです。本作が大衆に受け入れられる音楽であったのは間違いないようです。
 
》記事一覧表示

新着順:13/2782 《前のページ | 次のページ》
/2782