新着順:20/2782 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

7度

 投稿者:マハール  投稿日:2019年12月30日(月)07時09分1秒
  通報
  19580307-01
Lyresto (Kenny Burrell)
(5分44秒)



【この曲、この演奏】
バレル作のこの曲、資料06ではコルトレーンの演奏記録はこのセッションだけです。バレル自身の演奏記録も、このセッションだけのようです。
お気軽に陽気に楽しく盛り上がっていく演奏で、セッションの最初に演奏するのに相応しい曲と言えます。その中にあって、コルトレーンの力強さ、バレルの繊細さ、そしてトミフラの軽やかな優しさといった特徴が発揮されており、聴く方も楽しめる演奏になっています。





【エピソード、このセッション】
「若手ながらアーシーな感覚が売り物のケニー・バレルを売り出すために、こちらも強力新人コルトレーンを組ませた好企画セッション」と資料09にあるが、これが一般的な見方であろう。
コルトレーンとバレルの共演は、資料06によれば5回目の本セッションが最後となる。ちなみに最初の共演は1951年3月1日のガレスピー・セプテット、次が1956年9月21日のブルーノートでのチェンバース、3度目は1957年3月22日のプレスティッジ・オール・スターズ、4度目は1957年4月18日のザ・キャッツである。
またコルトレーンのギター奏者との共演を見た場合、これ以降に3回ある。1958年6月25日のミッシェル・ルグランの正式レコーディング、そして同年9月12日のジョージ・ラッセルの正式レコーディングで、共にギター奏者Barry Galbraithと一緒に演奏している。もう1回はコルトレーン・バンドが1961年9月22日にモントレー・ジャズ祭した際に、ウェス・モンゴメリーと共演したものである。こちらは残念ながら私家録音を含めて音源はない。(資料06)
コルトレーンがメイン格のレコーディングとの意味では、このセッションがギタリストとの最後の共演となる。
また本セッション以降のプレスティッジでのレコーディングは、全てコルトレーンのリーダー・セッションとなる。
 
》記事一覧表示

新着順:20/2782 《前のページ | 次のページ》
/2782