新着順:21/2666 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

26度

 投稿者:マハール  投稿日:2019年 9月 3日(火)07時10分5秒
  通報
  今日の1枚は、Cattin' with Coltrane and Quinichette、Prestige原盤、1957年5月の録音です。
この作品が録音から数ヶ月後に発売されていたら、「Cattin' with Quinichette and Coltrane」となっていたのかなと思います。ウィキペディア情報によれば、発売は1959年後半とのことですので、コルトレーンの名前が先にクレジットされたのでしょう。
私の曲ごとの感想などは弊サイトの「コルトレーン特集」をご覧ください。
コルトレーンはレスター・ヤングを愛しておりましたが、二人の共演を聴くことはできません。その意味ではレスター直系のクィニシェットとの共演盤を聴けることは、ありがたいことです。


昨日の1枚は、John Coltrane の Dakar。
バリトン2本を絶妙に生かして、気分爽快のハード・バップ作品に仕上げています。もちろん、この時期のコルトレーンも楽しめる内容です。
この作品をバリトン2本のコ・リーダー作品として、普通にプレスティッジが発売していれば結構な評判となったと感じますし、今でも発売され続ける作品だと思います。
後付けながらコルトレーン名義の作品として今でも生き続けている作品ですが、後付けだけあり、それも相当な後付けなので、本作はコルトレーン作品群の中では埋もれている存在です。私としてはコルトレーン云々ではなく、この作品が正当に評価される時が来て欲しいものです。
 
》記事一覧表示

新着順:21/2666 《前のページ | 次のページ》
/2666