新着順:128/2749 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

28度

 投稿者:マハール  投稿日:2019年 8月10日(土)07時43分12秒
  通報
  今日の1枚は、Geri Allen の Maroons、somethin' else原盤、1992年2月の録音です。
ディスクユニオン関内店中古CD半額セールで、240円で購入した作品です。
タイトルの意味はウィキペディアによれば「アフリカ系 アメリカ人の子孫であり、奴隷制度から離れて集落を形成した。 農園から脱出した人もいれば、自由の中で生まれた人のように、常に自由だった人もいました。 彼らはしばしば先住民族と混ざり合って、独特のクレオール文化を生み出しました」とのことです。(英語ウィキペディアをGoogle翻訳)
1980年代から才女ぶりをジャズ界に示し続けているジュリ・アレンですが、この「今日の1枚」では今までに5枚の作品を取り上げてきました。今日取り上げる作品は、ヴィレッジ・ヴァンガードのライブ盤(2018/2/2)の2ヶ月後に録音されたもので、トランペットを2本入れた作品です。


昨日の1枚は、Helen Merrill の Just Friends。
メリルの声量の衰えはこの時の彼女のあるがままの姿なのですが、そこに存在感の輝きが重なっていますので、繰り返し聴くと味わいある歌唱だと伝わってきます。一方のゲッツは元気満々、メリルを引っ張っていく演奏です。特にタイトル曲にこの印象が強く出ています。
「If You Go Away」は多くの方がカバーしている、ベルギーで生まれフランスで成功したシャンソン歌手のは、ベルギーで生まれフランスで成功したシャンソン歌手が作った曲です。この曲でのメリルさんの人生の機微の示し方は、常に表舞台で表現活動してきた人だけのことがあります。
 
》記事一覧表示

新着順:128/2749 《前のページ | 次のページ》
/2749