新着順:144/2749 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

26度

 投稿者:マハール  投稿日:2019年 7月25日(木)07時15分43秒
  通報
  その前に、この作品が録音された1961年1月1日(日)の新聞を見てみましょう。
先ずはトップ記事。
日経「成長予算固まる、大蔵省、一兆九千五百億前後に、九%へ第一の布石、投融資ほぼ七千三十億」
当時の池田内閣の所得倍増計画のことで、10年間続けて9%の経済成長を続けて行くとのものです。結果的には日本経済はこの計画以上の成長となりました。(ウィキペディアより)

読売「国鉄大雪害、15万人立ち往生、上・信越線など主要列車運休」

朝日「日米外交に意欲、池田首相新年の構想、成長政策と日中打開、国連大使 大物起用か」
大物なのかは別にして、1961年6月から1963年まで岡崎勝男氏が国連大使を務めました。外務大臣を務めた方で、敗戦の時にはその後終戦連絡中央事務局長官として、重光葵外相とともに9月2日の戦艦ミズーリ号上での降伏文書調印式に参加しました。



ではこの1月1日の朝日新聞から少しばかり紹介します。
・1面に「世界的な商業通信衛星衛星網、米大統領、早期完成を指令」との記事があります。
テレビの衛星中継といえば、1963年のケネディ大統領、1967年のビートルズが有名です。しかしそれらが、この記事のアイゼンハワー大統領のこの指令の成果だったのかは分かりません。
・13面(元旦第二部の1面)下に三共の広告があり、「総合肝臓薬 ゴルフ」を宣伝しています。「丈夫なパパと美しいママ、全身に活力をつける!」との宣伝文句です。このゴルフという名の薬についてネットで調べましたが、何も情報を得られませんでした。
・TV欄 NHK教育 19:30に「日本産業今年の課題」という番組があり、出演は日立・三井物産・三菱油化・八幡製鉄所の各社長です。住友系の社長が出演していないのは何故でしょうかね。
 
》記事一覧表示

新着順:144/2749 《前のページ | 次のページ》
/2749