新着順:87/2509 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

3度

 投稿者:マハール  投稿日:2019年 1月20日(日)07時21分22秒
  通報
  さてファラオさんの「マイク ジャケ」作品。
2000人ほど収容のホールでのコンサートなのでしょう。1981年のこのライブ、観衆は熱狂を求めていたのでしょう。ファラオさんはその要求にも見事に応えた演奏をしています。「You've Got To Have Freedom」はまさにそんな曲で、演奏の他にも短いテーマを熱狂したり、メンバー紹介にと、セットされたマイクは大活躍でした。
コルトレーンの前にコルトレーン風の演奏者は無し、コルトレーンの後にはコルトレーン風の者ばかり。これはどのジャンルでも革新的な人の前後に言えることでしょう。特にファラオさんの場合は、コルトレーンの啓示を真正面から受けた方。
そんな時期から四半世紀が経ったこのライブ、ファラオさんはそんな精神とエンターテイメントが融合した存在でした。




参考資料「Sound Designer 2018年6月号 マイク読本」有限会社サウンド・デザイナー発行
(文中ではマイク資料と表記)
 
》記事一覧表示

新着順:87/2509 《前のページ | 次のページ》
/2509