新着順:72/2480 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

5度

 投稿者:マハール  投稿日:2019年 1月 6日(日)08時28分26秒
  通報
  今日のコルトレーン


19560507-01
Weeja (Elmo Hope)
11分12秒

【この曲、この演奏】
エルモ・ホープ作のこの曲のコルトレーンの演奏は、本演奏だけです。
この曲は資料11にある通り、よくあるパーカーの「コンファメーション」のコード進行の則ったリフ・ナンバーです。メンバーのぶつかり合いを楽しむ演奏であり、その主役はテナー・サックスの二人です。足回りの心地よい車に乗っているよいうなモブレー、ひたすらスピードを追求した車の運転を楽しんでいるコルトレーン、そんな二人の演奏です。その二人の刺激あいにホープも加わって行く展開は、楽しいものでした。




【エピソード、エルモ・ホープ】
資料06によれば、コルトレーンとホープの共演は、1948年にフィラデルフィアでありました。当時のコルトレーンはジミー・ヒースのバンドで演奏していました。一方ホープは自分のバンド、恐らくはピアノ・トリオにジョニー・グリフィンを加えて楽旅でフィラデルフィアを訪れ、そこでヒースのバンドと共演となったとのことです。このことは資料06の著者が1992年11月9日にグリフィンにインタビューして、明らかになったことでした。
ホープはNY生まれですので、コルトレーンとの関わりは少なかったと思ってしまうのですが、資料05にはホープ夫人への興味深いインタビューが掲載されています。
「主人(エルモ・ホープ)とコルトレーンは、ブラジルの作曲家エイトル・ヴィラ=ロボスの組曲「バキアナス・ブラジレイアスの研究をしていたわs」
これはコルトレーンが1958年に録音したバイーヤに関連しての記述であり、詳細はこの曲を取り上げる際に書くが、コルトレーンとホープは共にブラジル音楽の研究をしていたのであった。
 
》記事一覧表示

新着順:72/2480 《前のページ | 次のページ》
/2480