新着順:94/2480 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

3度

 投稿者:マハール  投稿日:2018年12月11日(火)07時52分35秒
  通報
  昨日の1枚は、Oliver Lake の Prophet。
いろんな意味がある「Out To Lunch」という作品の中で、ドルフィーが「Something Sweet, Something Tender」という自作曲を取り上げています。本作でもオリバー・レイクが取り上げており、しっかりとオリバー・レイクの個性を感じる演奏になっています。寂しげな音色は、ジャケの印象通りです。本作全体を通してみると、ドルフィー云々ということではなく、オリバー・レイクの存在を堪能できるものです。
しかしながらそれは聴く方の思いであって、オリバー・レイク本人は自分のアイドルの曲を通じて、自分の方向性を探っていたのでしょう。そのことが、その後の彼の多様な音楽活動へと繋がって行ったのではと思いながら、本作を聴き終えました。
 
》記事一覧表示

新着順:94/2480 《前のページ | 次のページ》
/2480