新着順:8/2313 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

21度

 投稿者:マハール  投稿日:2018年 9月11日(火)07時17分44秒
  通報
  昨日の1枚は、Doug Carn の Adams Apple。
ジーンに変えてコーラスを上手く使い、音楽の多様性を追い求め、かつ引き締まった演奏を行っており、多くの方に支持を受けことがよく理解できる、楽しい作品です。
ブラック・ジャズの作品20枚全てを二ヶ月に渡り取り上げてきました。レーベル主催者のジーン・ラッセルの想いは、自分の周りにいる能力あるミュージシャンに作品発表の機会を与えて行こうとのものでした。それは前半の作品を聴いていると、変にレーベルとしての特徴付けせずに、ここのミュージシャンの力を引き出す作品作りに繋がってる行ったと思います。そしてそこにある明るい音楽性は、素敵なものでした。ジャズというベースがあった上で、次の展開を目指す姿も良かったです。
その流れは後半にも続いたのですが、徐々にそれらがジャズの範疇から飛び出して行き、最後の方ではジャズの香りはなくなって行きました。そこには当時の黒人の若者に刺激を与えるものがあり、そこに有能なミュージシャンが自身の才能を注入していったと思います。
そんな意味合いでの結実が、このダグ・カーンの本作品だと言えます。そしてそれは、もはやジーン・ラッセルが考えていたものとは違ってきていたのではと思います。
小さなレーベルが消えるのは毎度のことで、真っ先に考えられるのは経営面でしょう。しかし商業的には成功した本作品が最後の作品であることを考えると、ジーンとしては有能な若手にチャンスをとの所期の目的を達成し、そんなミュージシャン達の活躍を別の形で応援して行こうとジーン・ラッセルは考えたでしょう。私はこれがブラック・ジャズ・レーベルに幕を下ろした理由だと想像して、20枚目を聴き終えました。
 
》記事一覧表示

新着順:8/2313 《前のページ | 次のページ》
/2313