新着順:14/2313 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

24度

 投稿者:マハール  投稿日:2018年 9月 5日(水)07時48分55秒
  通報
  今日の1枚は、Doug Carn の Revelation、Black Jazz原盤、1973年の録音です。
1982年からジャズを聴き始めた私は渋谷のジャズ盤専門店に足繁く通い、店主と常連さん達とお話しすることでもジャズに関する知識を広げていきました。そのお店は、このブラック・ジャズが産声をあげた年に開店したお店です。オリジナル盤も主力の一つですが、店主のこだわりは新譜販売店である事で、それは開店から45年となる今でも続いております。ジャズ聴き始めの私はロフト・ジャズに興味を持ち、1970年代の若き黒人ジャズ奏者の活動の記録を、中古盤で買い求めていました。そんな際に先の店主や常連さんから色々教わったのですが、このブラック・ジャズの話は出てきませんでした。とすると「ブラック・ジャズは日本では話題にならなかった」とのことになるのですが、果たしてどうなのでしょうか。

BJQD/16として発売された第15弾は、ダグ・カーンのブラック・ジャズ3枚目の作品です。例の小冊子から本作を紹介します。

ダグ・カーンがブラック・ジャズに吹き込んだ3枚目のアルバム。このアルバムが最後の共演となるジーン・カーンのヴォーカルはもちろん、オル・ダラのトランペット、ルネ・マクリーンのサックスなど豪華なゲストを迎えたこのアルバムはダグ・カーンの最高傑作としてスピリチュアル・ジャズの歴史に残る一枚である。疾走するビートに乗った力強いヴォーカルが無限の高揚感を誘う「Power And Glory」以下、アルバムを通しての統一感と訴求力が金字塔と呼ぶべきこの傑作を創り上げたのだ。透明な美しさをたたえる「Naima」はこの曲のカヴァーの中でも最高のヴァージョンであろう。

ダグにとってジーン・カーンの最後の共演作品を、今日は聴いてみます。


昨日の1枚は、The Awakening の Mirage。
1枚目よりも表現の多様性を求めているようですが、1枚目と比べるとメンバーの統一感が無いようです。素敵なグループと思うのですが、メンバーそれぞれで進みたい方向が違ってきたのでしょう。この時代の貴重な記録と言える作品です。
 
》記事一覧表示

新着順:14/2313 《前のページ | 次のページ》
/2313