新着順:115/2366 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

25度

 投稿者:マハール  投稿日:2018年 7月12日(木)07時25分29秒
  通報
  「今日の1枚からつまみ食い」、今回のテーマは「Body And Soul」が入っている作品です。


「Body And Soul」が入っている作品の26枚目は、Wilbur Ware の The Chicago Sound、1957年10月16日の録音です。
ここ1年、私はシカゴという地名に敏感であります。音楽絡みなのですが、ジャズではないので、詳しいことは別の機会に書きます。
さてジャケット。タイトルからしてシカゴ以外の都心を俯瞰で撮ったなどはないことなので、シカゴのどこか特定したくなりました。Googleマップは実に便利なものであり、すぐに場所を特定できました。ミシガン湖からシカゴ川に入り3つ目の橋、ミシガン大通橋が、ジャケ手前に映る橋であります。当然ながら60年以上が経過している今では、様相が異なってきています。ジャケのシカゴ川に小舟が見え、その右横には5階建ほどの倉庫のようにも見える建物が見えます。ここに現在あるのは、トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワーであります。2009年に完成した建物で、92階建であります。時の移り変わりを感じたところで、本題へ。
ベース奏者のウィルバー・ウエアのリーダー作に豪華メンバーが参加している本作を「今日の1枚」で取り上げたのは、2008年4月16日のことでした。「2管が和気あいあいと陽気なジャズを聴かせています」「ジャズの楽しさが伝わる作品」と感想を述べています。何しろ、グリフィンとジェンキンスが吹いているわけですからね。今日は主役のウィルバー・ウエアに注目しつつ、10年前はコメントしなかった「Body And Soul」を中心に聴いてみます。
 
》記事一覧表示

新着順:115/2366 《前のページ | 次のページ》
/2366