新着順:94/2344 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

27度

 投稿者:マハール  投稿日:2018年 7月11日(水)07時32分5秒
  通報
  昨日の1枚は、JR Monterose の Jaywalkin。
演奏を聴けば明らかなのですが、3つのセッション共にモンテローズを主にしたものではありません。ではと思い、ミンガスのディスコグラフィを調べたところ、録音月の記載違いはあるものの、一部の曲がピアノのラルフ・シャロンのリーダー作として発売された形跡がありました。
これだけで断言はできませんが、まだまだ影の存在だったモンテローズが参加した3つのセッションを集めた盤と、本作は言えるのでしょう。
そんなな中で私が興味を持ったのは、ベースがミルト・ヒントンのセッションでした。ラルフ・シャロン,ヴァイブでエディ・コスタ,ギターにジョー・プーマ,そしてジョー・ジョーンズが参加しているセッションです。コスタのヴァイブが品の良さと少しのスリリングを提供する演奏の中で、モンテローズは魅力あるフレーズを聴かせてくれていました。
モンテローズのファンと、コスタ好きでこの1956年11月のセッションを知らない方には、お勧めできる作品です。ネット上ではまだ購入可能です。
 
》記事一覧表示

新着順:94/2344 《前のページ | 次のページ》
/2344