新着順:76/2319 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

26度

 投稿者:マハール  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時44分4秒
  通報
  今日の1枚は、Jazz At The Flamingo、Tempo原盤、1956年7月の録音です。
参加メンバーは、Tony Crombie(d), Ronnie Scott(ts), Harry Klein(bs), Terry Shannon(p), Lennie Bush(b) であります。リーダーはドラムのトニーで、6曲中2曲にTubby Hayes(ts)が参加しています。
続いて「ジャズ・アット・ザ・フラミンゴ」について、調べてわかったことを書きます。ウィキペディアによれば、フラミンゴ・クラブが1952年から1967年までロンドンにありました。ナイトクラブで、お酒と女性に加えて、音楽も重要な要素のお店であり、ジャズの発展に寄与したそうです。
「ジャズ・アット・ザ・フラミンゴ」と名付けられた作品は他に2作品あり、1953年と1955年にフラミンゴ・クラブで行われた演奏を収めた作品です。しかし本作はThe Railway Armsというところで行われた演奏であります。



昨日の1枚は、Victor Feldman の In London (Vol.2)。
7歳の時には一人前のドラム演奏をしていたフェルドマン、8歳で初録音、10歳でグレン・ミラー・バンドにゲスト出演し、神童と言われていたそうです。本作で聴けるドラム演奏は目立つものではないのですが、貴重な演奏なのでしょう。
ビッグバンドではホーン陣の音の重なりが、セクステットではロニー・スコットのテナーサックスとディジー・リースのトランペットが、実に素敵なものでした。それらを支えるフェルドマンのピアノとヴァイブは、可憐な輝きを放っています。
イギリス・ジャズ界の1950年代の姿が、良い形で本作に収まっています。
 
》記事一覧表示

新着順:76/2319 《前のページ | 次のページ》
/2319