新着順:104/2344 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

27度

 投稿者:マハール  投稿日:2018年 7月 1日(日)07時25分32秒
  通報
  今日の1枚は、Music In The Making、Vogue原盤、1954年1月2日の録音です。
私に欧州ジャズの魅力を教えてくれた復刻レーベルのジャスミンから、2001年に発売された1959年代のイギリスのジャズ作品を、今日から5枚取り上げていきます。
Jo Hunter(tp), Jimmy Duechar(tp), Keith Christie(tb), Don Rendell(ts), Jimmy Skidmore(ts), Ralph Dollimore(p), Johnny Hawksworth(b), Allan Ganley(d)というメンバーでのセッションを収録した作品です。9曲収録されていますが、それらはヴォーグから10吋盤1枚とEP盤2枚でこの世に出ておりました。それら3枚は全て「Music In The Making」というタイトルで発売されていたとのことです。
このアルバム名について調べ始めたのですが、メイキング・ミュージックというイギリスの音楽組織についてのことだろうと考えました。1930年代から組織化されており、音楽活動において多方面の活動をしており、労働組合の意味合いもあるような組織です。この組織に属しているジャズマンが集まってのセッションが、この組織によって企画されたのかと思いました。
しかしながらメイキング・ミュージックという組織名になったのは2000年のことで、それまでの70年間はThe National Federation of Music Societiesという名称でした。そうするとこの見立ては的外れとなります。
先ずは聴いてみましょう。
 
》記事一覧表示

新着順:104/2344 《前のページ | 次のページ》
/2344