新着順:29/2263 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

20度

 投稿者:マハール  投稿日:2018年 6月21日(木)07時52分45秒
  通報
  「今日の1枚からつまみ食い」、今回のテーマは「Just In Time」が入っている作品です。


「Just In Time」が入っている作品の19枚目は、Stanley Turrentine の Comin' Your Way、1961年1月20日の録音です。
タレンタイン兄弟のテナー・サックスとトランペットにパーランのピアノ、これだけで大方のジャズファンは「ちょっと聴いてみるか」と思うことでしょう。この「ちょっと」と思わせるところがスタンリー・タレンタインの重要な役割だと感じています。
本作を2007年8月31日に「今日の1枚」で取り上げた際には私は、「My Girl Is Just Enough Woman For Me」の演奏を気に入って、「弟のスタンリーはこの曲の雰囲気通りの穏やかな演奏。一方、お兄さんのトミーは、力強い主張を行っております」と感想を述べました。
さて私が持っている1987年発売の輸入CDには、オリジナリLPには無い曲を追加収録しています。「今日の1枚」で感想を書く際には、そんな追加曲には触れずにいるという方針でおります。しかし「今日の1枚からつまみ食い」では、そのようなことは気にしないでおります。
「Just In Time」は追加曲であります。
 
》記事一覧表示

新着順:29/2263 《前のページ | 次のページ》
/2263