新着順:65/2287 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

26度

 投稿者:マハール  投稿日:2018年 6月 9日(土)09時11分32秒
  通報
  今日の1枚は、Mal Waldron の Mal-1、Prestige原盤、1956年11月9日の録音です。
プレスティッジ特集を「今日の1枚」で行なっていた時期があり、既に157枚掲載しています。コルトレーンやマイルスは特集を企画しているため掲載していないのですが、その中でマルの扱いを迷っていました。迷いながら企画している特集に全く着手出来ない状態だったので、2006年からマルの作品を掲載し始めました。そんな意味で、この作品が未掲載なのは理由がわかるものです。
さて本盤はMALシリーズ1作目であり、ジジ・グライスのアルトとアイドリュース・シュリーマンのトランペットの参加が興味をそそるところです。
ドラムの Arthur Edgehill はマルとの共演はレコーディングでは本作だけですが、ベースの Julian Euell はこの後の3年間に渡りマルと一緒に演奏している方です。


昨日の1枚は、Marty Paich の I Get A Boot Out Of You。
「Moanin'」をビッグバンドで演奏するとは驚きですが、ペイチは原曲の良さを活かしながら洒落た雰囲気で演奏しています。全体を通しても、このペイチの洒落加減を楽しむ作品と言えることでしょう。
こんな風に感じながら聴いておりましたが、最後にタイトルの意味を考えました。当然ながらジャケと合わせてどう考えるかなのですが、普通に考えれば「出て行ってよ」となるのでしょう。しかし、彼女が使っている黄色いタオルに「his」と書いてあるのをどう考えるのか。これを見てからはいろんなことが頭の中で交錯してきています。女性の気持ちが未だに分からない自分に苦笑いしながら、考えるのを諦めました。
 
》記事一覧表示

新着順:65/2287 《前のページ | 次のページ》
/2287