新着順:70/2287 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

21度

 投稿者:マハール  投稿日:2018年 6月 5日(火)07時39分3秒
  通報
  今日の1枚は、Tiziana Ghiglioni の Somebody Special、Soul Note原盤、1986年4月の録音です。
母親と子供が寝そべっているこのジャケについては、何かコメントをした記憶なのですが、「今日の1枚」未掲載作品でした。
ティツィアーナ・ギリオーニさんはイタリア人歌手で、1956年生まれの方です。1970年代はしっかりとした音楽教育を受けたようで、1980年代になるとジャズ歌手として活動を始めました。良い悪いのいろんな評価を受けたようですが、現在に至るまで音楽活動を続けておられる方です。
本作は彼女の2作目であり、スティーブ・レイシーが参加しております。


昨日の1枚は、Ray Bryant Trio。
この作品をマクレエ歌伴時代の作品との意識で聴いたのは初めてなのですが、ブライアントの華麗な歌心フレーズにうっとりとしました。「Golden Earrings」と「Django」での、哀愁と華麗さが同時に演奏していくブライアントの姿に感心しながら、ジャズファンから愛し続けられているブライアントの一つの姿を再確認しました。
ブライアントの独特のリズム感も堪能でき、地味ながら素敵なベースとドラムとの相性の良さを感じた次第です。素敵なピアノトリオ作品、ここにあり。
 
》記事一覧表示

新着順:70/2287 《前のページ | 次のページ》
/2287