新着順:78/2288 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

18度

 投稿者:マハール  投稿日:2018年 5月24日(木)07時51分5秒
  通報
  「今日の1枚からつまみ食い」、今回のテーマは「Body And Soul」が入っている作品です。


「Body And Soul」が入っている作品の25枚目は、Arne Domnerus & Bernt Rosengren のFace to Face、1999年5月27日の録音です。
スウェーデンのベテラン二人のコ・リーダー作に若きピアニストが参加した作品です。ベテランがアルネ・ドムネラス(as,cl)と62歳ベルント・ローゼングレン(ts,fl)、そこに33歳のヤン・ラングレン(p)が加わっての演奏です。
2000年5月8日に「今日の1枚」で取り上げた際に、ベテラン二人は「さすがの貫禄のある演奏。でも、とし、若手には「同じ国の大先輩の演奏の前に、ラングレンは彼独特の節回しを捨てた」との感想を書きました。
今読んでみれば、この感想には注意が必要です。ベテラン二人には「さすがの貫禄のある演奏」とは、年をとったスカスカの演奏と感じたのかもしれません。そのあとに「楽しさが薄い」としていますからね。若手への「彼独特の節回しを捨てた」とは、おじいさん二人に何とか付き合ってあげている姿かもしれません。
そんなことを頭に置きながら、「Body And Soul」を中心にこの作品を聴いてみます。
 
》記事一覧表示

新着順:78/2288 《前のページ | 次のページ》
/2288