新着順:30/2236 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

16度

 投稿者:マハール  投稿日:2018年 5月20日(日)09時25分21秒
  通報
  さてグロスマンさんの「Body And Soul」。ピアノだけで1分、カルテットでの演奏になりグロスマンのソロが2分半、そして二人のソロの交換と続いて行く演奏内容は、二人の共通の知人を忍んでの演奏のように感じました。人を思う心の深さが、それぞれの個性とともに優しさを伴って表現されています。
他の曲でも色合いは少し変わっても、同様な内容です。18年前には「緊張感溢れる強烈な歌心のぶつかり合い」とコメントした私ですが、今日は「優しさ溢れる強烈な歌心のぶつかり合い」との印象です。
18年前のインターネット普及期に、多くのジャズファンを魅了した作品であることを、改めて実感した次第です。
 
》記事一覧表示

新着順:30/2236 《前のページ | 次のページ》
/2236