新着順:207/2372 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

19度

 投稿者:マハール  投稿日:2018年 4月 7日(土)07時31分20秒
  通報
  今日の1枚は、Aki Yashiro の Yoruno Album、Universal原盤、2012年8月の録音です。
八代亜紀の「夜のアルバム」です。彼女がヒット曲を連発していた時期は、私は小学校六年生でした。ポップス・ベスト10などと言ったラジオ番組に夢中になり始めた時期でしたので、演歌歌手には全く興味がありませんでした。それでもTVで彼女を目にすると、凄い存在感を感じました。猫のような目に感じながらも、その目力に圧倒されました。そしてその声質に存在感を感じていたと思います。
そんな思い出から数十年経った2012年に、ロック少年からジャズお兄さん(世間ではジャズ親父か)になった自分に、八代亜紀のジャズ・アルバムが登場したのです。「わたしがナイトクラブで歌い始めた頃を思い出して作りました」との作品を聴いてみます。

昨日の1枚は、Eric Reed の Cleopatra's Dream。
私には相性が悪いピアニストなのかと感じるほど、心にとまることなく演奏がすぎて行きます。繊細な優しさの演奏との評が一般的なのでしょうけれど、何故か今回の対峙では私はそれを感じ取れないまま演奏が進んで行きました。そんな思いで終盤に差し掛かった時に、「I Loves You Porgy」が私の心に微笑みと優しさを運んできました。数多あるスタンダードの中でも屈指の美しいバラッドであるこの曲を、エリックは肩肘貼らずに演奏しております。私にとっての彼は肩肘貼らない場面で楽しめる演奏になるようです。
 
》記事一覧表示

新着順:207/2372 《前のページ | 次のページ》
/2372