新着順:238/2391 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

4度

 投稿者:マハール  投稿日:2018年 3月21日(水)08時34分51秒
  通報
  「今日の1枚からつまみ食い」、今回のテーマは「Body And Soul」が入っている
作品です。


「Body And Soul」が入っている作品の14枚目は、Don Rendell の Meet Don Rendell、1955年5月2日の録音です。
どの時においても名盤復刻に取り組むレーベルや、ライブ音源を発売していく会社があります。中には著作権の面で大丈夫かなと思う会社もあるのですが、いずれにしても聴く方にはありがたいことです。何しろ6桁のお金を払わなければ聴けない本作品のようなものを、優しいお金で手にできるわけですから。
しかしそんな会社も、運営は長続きしない会社が多いです。私たちジャズファンには、このドン・レンデルの作品を復刻したジャスミンもそんな会社なのかと思っていましたが、この会社は幅広いジャンルの作品を扱っており、今も活動している会社です。その所在は、この作品を復刻した18年前も今も、ロンドン郊外のペリー・ベールです。グーグル地図でその場所を見ますと、線路沿いの倉庫のような建物の中に入居しております。倉庫兼事務所ということなのでしょう。渋い作品を地道に発掘し、堅実経営だからこそ、長年にわたり営業できているのだと感じました。
さてレンデルが「Body And Soul」を吹き込んだ1955年のイギリスジャズ界は、1960年代にスターになっていくミュージシャンが活動し始めた時期であり、このレンデルも自分のバンドを組んでジャズを模索しておりました。そんな「Body And Soul」を聴いてみます。
 
》記事一覧表示

新着順:238/2391 《前のページ | 次のページ》
/2391