新着順:176/2287 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2度

 投稿者:マハール  投稿日:2018年 2月 5日(月)07時41分34秒
  通報
  今日の1枚は、George Wallington の Jazz At Hotchkiss、Savoy原盤、1957年11月の録音です。
ビ・バップとハード・バップの勃興期に活躍したピアニストであるジョージ・ウォーリントンの素敵な作品を、この「今日の1枚」で三枚取り上げてきました。本日取り上げる作品は、先の三枚に比べれば、地味な存在の作品です。しかし、ドナルド・バード(tp)にフィル・ウッズ(as)が参加しているので、ジャズ好きならば興味を持つ作品でしょう。



昨日の1枚は、Rod Stewart の The Great American Songbook VolumeⅢ。
ロッド・スチュアートで印象深いことが二つあります。
ロック聴き始めの小学生終わりの時に、私の情報源であった友人が、フェイセズの来日のことを熱く語っていました。彼の兄いさんがロック好きであり、私の同級生はその影響を受けていたのです。フェイセズはどんなに凄いロックバンドなのか、また昨年にはテツ山内が加入したんだとかの話でした。私にとてはロッドよりもテツ山内の話が強く印象に残っていました。このフェイセズの来日については後年知ったのですが、事実上内部分裂していたようで、ロッドのバンドになっていたようです。
二つ目は1997年の話です。イギリスのウェンブレー・スタジアムで「SONGS&VISIONS」という音楽イベントが開かれました。プレスリー没後20年を記念したイヴェントで、ロックの歴史を振り返るのが趣旨でした。ロバート・パーマーやスティーヴ・ウィンウッドなどと共にロッドもこのイヴェントに参加していました。私がなぜこのイヴェントを強く記憶しているかといえば、愛する矢沢永吉が参加したのです。主催者は英語圏以外にロックを広めた人物として、永ちゃんに目をつけたのでした。永ちゃんがこのコンサートに臨む様子はドキュメント番組として、NHKで放送されました。それまでは永ちゃんを無視していたロッドを含むスター達が、永ちゃんがソロでプレスリーの「冷たくしないで」を、またロッドやボン・ジョヴィなどと「ハートブレイク・ホテル」をビシッと決めて歌うと、それまでの態度を一変させて永ちゃんに接していたのが印象的でありました。

さて本盤のお話。超一流のシンガーが、一流のプロデューサーとバック奏者と作った作品なので、安心して聴いていられる作品に仕上がっています。当時60歳近いロッドなのですが、声がよく出ています。「SONGS&VISIONS」に出演した時にはまん丸だったロッドが、本作品ではかなり体を絞っています。そんなことも、本作品に影響しているのかもしれません。
 
》記事一覧表示

新着順:176/2287 《前のページ | 次のページ》
/2287