新着順:195/2287 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

14度

 投稿者:マハール  投稿日:2018年 1月17日(水)07時49分48秒
  通報
  さてキースさんの「Just In Time」。日本で日常語になっている英単語は数多くありますが、私は「今日の1枚」ではなるべく日本語使用を心がけてきました。前段ではトリビュートと書いたのですが、これはタイトル名であるからでのことだけではなく、最適な日本語が思い浮かばなかったからであります。「捧げる」という訳語としてよく用いられる言葉では、正確でないかなと考えたからです。
今回改めて本ライブ作品を聴いてみて、「感謝の気持ち」という言葉がここでのトリビュートには相応しい日本語だと感じました。
「ジャスト・イン・タイム」では、ディジョネットとキースの演奏の投げ合いが自然に盛り上がっていき、この曲の新たな魅力を私に、そして聴くものすべてに投げかけてきています。
こんなことを感じながら、パーカーと「ジャスト・イン・タイム」が結びつかなく、ディスコグラフィで調べたのですが、そこにはパーカーのこの曲のレコーディング歴はありませんでした。この曲はミュージカル「ベルズ・アー・リンギング」も主題歌として1956年にヒットしたものです。従ってパーカーにレコーディング歴が無いのは当然なのですが、そうするとキースはこの曲を何故パーカーに捧げたのと考えました。
私の中で浮かんだ回答は、あなたのおかげで我々はジャズの魅力を今でも楽しんでいるのですよとの、キースのパーカーに対する感謝の気持ちであるとのもでした。
 
》記事一覧表示

新着順:195/2287 《前のページ | 次のページ》
/2287