新着順:207/2261 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

四季

 投稿者:マハール  投稿日:2017年12月10日(日)09時37分8秒
  通報
  今日の1枚は、Christian Jacob の Live In Japan、SS Jazz原盤、2007年10月の録音です。
先にジェイコブさんの作品を取り上げましたが、今日紹介する作品が私が初めて彼に接した演奏です。日本のTokyo TUCでのライブです。制作者が強調している本作品のポイントは「日本の四季4部作」、すなわち「花」「夏の思い出」「赤とんぼ」そして「雪の降る街を」を取り上げていることです。



昨日の1枚は、Andrea Beneventano の Trinacria。ピアニストの場合、初リーダー作がそのミュージシャンの代表作、或いは初ピアノトリオ作がその方の代表作であることは、よくあることです。そんなジャズアルバムを、「今日の1枚」では何枚も紹介してきました。そしてアンドレアさんの本作品もそんな1枚です。深く広がっていく音色に軽妙なタッチで、彼のアイデアを全て注ぎ込んだのが、本作品と言えるでしょう。特に彼のオリジナル曲である「Aniram」では、ローマ郊外の静かな住宅地での朝方にかかった霧が囁いているような演奏で、心に染み入りました。
さて本作品だけがアンドレアさんの情報なのですが、彼はその後どんな生活を送っているのでしょうか。ミュージシャンの生活が厳しいのは古今東西同じことなので、今頃は音楽を教える側にいるのでしょうか。TV曲で仕事をしているのでしょうか。何をされていても、ジャズファンに愛される作品を残したことで、彼の音楽家人生は成功だっと言えるでしょう。
 
》記事一覧表示

新着順:207/2261 《前のページ | 次のページ》
/2261