新着順:272/2259 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

中秋の名月

 投稿者:マハール  投稿日:2017年10月 4日(水)07時52分0秒
  通報
  見られるかな


今日の1枚は、Art Ensemble Of Chicago のArt Ensemble Of Soweto 、DIW原盤、1989年12月の録音です。
40歳以上の方ならば、1990年2月にマンデラ氏が釈放されたのを、ご存知のことでしょう。1994年にマンデラ氏が南アフリカの大統領に選ばれたことを、覚えていられるでしょう。今日取り上げるAECの作品が録音された時期は、南アフリカにおいて長年の反アパルトヘイト活動の最後の場面を迎えようとしておりました。
ソウェトで音楽活動し、この作品が吹き込まれた時期にはパリとロンドンで活動していたコーラス・グループのアマブト・メイル・コーラスがAECと出会い、録音されたのが本作品です。
Wikipediaのアパルトヘイトのページには、ビーチに建てられた標識の写真があります。そこには「ダーバンビーチ条例第37節に基づき、この海水浴場は白人種集団に属する者専用とされる」書かれています。社会の暗黙のルールではなく、明確に決められたルールなのです。この写真は1989年撮影となっています。


昨日の1枚は、Art Ensemble Of Chicago の The Alternate Express。AECのパーカッシブな魅力が爆発しているのが、「Kush」であります。これはモイエとフェイヴァースの共作となっています。クレジットではフェイヴァースはベース演奏となっていますが、ここではパーカッションも演奏していると思います。20分を超えるこの曲では、パーカッションの効果が存分に発揮されており、それに乗る管楽器3人のフリーキーさを生かしています。Kush、クシュを調べてみますと、インド麻と、ナイル川流域で最も早くに発達した文明の2つがあります。ここでは後者の意味なのでしょう。そう考えるとシカゴは五大湖周辺にあり、アメリカで早くに発達した都市であります。何かこの、アフリカ大陸と北アメリカ大陸で重要な都市・文明を、AECの演奏が繋げているような演奏にも聴こえてきます。シカゴ中から5トン分のガラクタをスタジオに集めて打楽器に変えての、演奏のようであります。
 
》記事一覧表示

新着順:272/2259 《前のページ | 次のページ》
/2259