新着順:365/2263 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

5日

 投稿者:マハール  投稿日:2017年 7月 5日(水)07時58分10秒
  通報
  今日の1枚は、The Quintet の Jazz At Massey Hall、Debut原盤、1953年5月の
録音です。トロントにあるマッセイ・ホールは1894年に建てられた当時から、120年
以上が経った今でも、数多くの演奏会が開かれております。ジャズの演奏も数多く
行われていると思いますが、ジャズ・ファンにとって「マッセイ・ホール」と言えば、
1953年5月13日のライブのことを指します。出演はパーカー,ガレスピー,
パウエル,ミンガス,そしてマックス・ローチであります。まさに大御所総出演という
内容です。寄せ集めと言えばその通りなのでしょうが、超がいくつもつく大物だけを
集めたので、ジャズ好きならば誰もが聴きに行きたいと思うはずです。しかし2752人の
キャパシティのマッセイ・ホールに集まったお客さんは、500人ほどだったそうです。
実は近くでボクシングのヘビー級タイトル・マッチが行われていて、そちらに人が
流れて行ったとのことです。さて、私の持っている国内盤には油井先生が、この時の
メンバーの状態を詳しく書いております。要約すれば、いろんな意味で、パーカー,
ガレスピー,パウエルの3人はバラバラの状態であったとのことです。しかしステージに
あがれば・・・、聴いてみます。



昨日の1枚は、Art Farmer の Modern Art。ファーマーの暖かいサウンドに感心する
と共に、ゴルソンのテナーもウォームであり、かつ両者ともに叙情的に歌いあげて
おり、この二人のソロにうっとりとします。更にはテーマにおける二人のアンサンブルが
本当にハートフルであります。ゴルソンのアレンジのようですが、流石という内容で
す。そしてエヴァンスはハード・バッパーとしての顔を見せており、二人を盛りたてて
います。愛し続けられる作品です。



 
》記事一覧表示

新着順:365/2263 《前のページ | 次のページ》
/2263