teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:23/458 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re:二木都志子さんのお知り合いの方へ

 投稿者:  投稿日:2016年 7月30日(土)12時30分53秒
  通報
  >水沢様

人数の集計やご連絡等してくださり、本当にありがとうございます。
お手数おおかけしております。
名簿の件は、個人情報でもありますし、お送りいただかないということで安心いたしました。

「本の部数があまり多くない」と申しましたのは、オンデマンドではなく、ハード表紙の上製本で150部のみの発行ということです。
現在は、その中の一部を私のほうでお預かりしている状況です(日本国内の関係の方への発送用)。
著者の市橋太郎氏が「誰に読まれなくても、墓石のようなつもりで丁寧に作りたかった」と、あとがきに書かれていますので、誰にでもポンポンと配る類のものではないと感じ、あまりご関心のない方にお送りしても・・・と思いましたので、どうしたらよいかと思案してこちらの掲示板にご相談させていただきました。


>横浜通信部M生様

都志子さんと深いご縁があったとのこと、うれしく拝読させていただきました。
早速お送りさせていただきますので、reis@agate.plala.or.jpへ直接送付先等をお知らせくださいませ。
おっしゃる通り、市橋太郎さんからは、以前東京での個展に新聞会OBの方が来られたことがあるから、そういう方々の中にもこの本を読んでみたいという方がいるのではないか? と言われたことがきっかけで、この掲示板にたどり着きました。

書籍は、「都志子・二木富美子・私」というタイトルで、都志子さんと、都志子さんのお母様の二木富美子さん(婦人警官第一期生、2010年逝去)についても書かれた内容です。

都志子さんは、市橋さんとご結婚後、渡米し、ワシントンの日本国大使館で6年ほど勤務されていましたが、ちょうどその時期とロッキード事件が重なります。
先日NHKで特集が放映されていましたが、東京地検特捜部検事だった堀田力氏の補佐もしていたとのことで、堀田氏もこの本に寄稿されています。

とても興味深く読んでいただけると思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:23/458 《前のページ | 次のページ》
/458