新着順:47/2207 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

14度

 投稿者:マハール  投稿日:2018年 4月 2日(月)07時15分58秒
  通報
  今日の1枚は、Pete Malinverni の a beautiful thing!、Saranac原盤、2010年5月の録音です。
20年近く「今日の1枚」を続けてきますと、印象深いミュージシャンが何人か出てきます。今日取り上げるピアノ奏者のピーター・マリンバーニも、そんな印象深い方の一人であります。新譜買いの楽しさ、未知のミュージシャンに出会う喜びを教えてくれた方です。
既にこのコーナーでは彼の作品を5枚取り上げてきました。それらは全てピアノ作品に定評のあるリザボア・レーベルからの発売でした。今日取り上げる作品はSaranacというレーベルからの発売です。ネットからの情報によれば、マリンバーニが作ったレーベルとのことです。Lee Hudson (b)とEliot Zigmund (d)との、トリオ演奏です。


昨日の1枚は、High Five の Five For Fun。
音楽の素養があり、確かな演奏技術を備え、ジャズが好きでたまらない、そんな人達の思う方向が一つになっての演奏なので深みがあり爽快なジャズ演奏になっています。またメンバーのオリジナル中心ですが、聴いていると過去と今が頭の中で交差していく気分になる曲が多いです。
聴く度に、印象に残る曲は変わってくることでしょう。今回はピアノのLuca Mannutza作の「Cosi  Come Sei」とトランペットのFabrizio Bosso作の「Happy Stroll」での悲しみに聴き入りました。
さてこのユニットは2010年以降は活動が無いようです。ネットで調べますと各メンバーはしっかりと音楽活動をしております。そんな彼らの、重要な活動にこの作品がなっていることと思います。
 
》記事一覧表示

新着順:47/2207 《前のページ | 次のページ》
/2207