新着順:106/2207 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

零下一度

 投稿者:マハール  投稿日:2018年 1月26日(金)07時53分50秒
  通報
  さてロッシュマンさんの「Just In Time」。人間誰しも心の弱みを抱え込んでしまう時があるのでしょう。それは人に感じられたくないし、またそれを自分で認めたくないもの。
ここでの演奏にはそんなものを感じます。時にはその演奏に共感するし、時には反発したくなる、そんな焦ったさがこの作品にあります。
なんだか観念的な感想になりましたが、「Just In Time」での自分を強く見せたいような強がりに、共感する自分がおりました。
 
》記事一覧表示

新着順:106/2207 《前のページ | 次のページ》
/2207