新着順:163/2186 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ゴーストバスターズ2016

 投稿者:マハール  投稿日:2017年11月 9日(木)07時42分36秒
  通報
  今日の1枚は、The Magnificent Thad Jones、Blue Note原盤、1956年7月の録音です。
今日は「鳩のサド」を取り上げます。ジャズの世界ではジャケットの特徴を捉えた短い通称を持つ作品があり、それらは内容が良いものばかりです。本作もジャケの素晴らしさと共に、名トランペッターのサド・ジョーンズの代表作と言われている作品です。
共演はビリー・ミッチェル(ts),バリー・ハリス(p),パーシー・ヒース(b),そしてマックス・ローチ(d)という豪華メンバーであります。


昨日の1枚は、The Mingus Dynasty の Mingus’ Sounds Of Love。ミンガス・バンドでの演奏を継承していますが、やはりアレンジと演奏の粒立ちには違いがあります。ミンガスの先鋭的なものと比べると、この作品では優雅さが優先している内容です。これはどちらが良い悪いということではなく、違いがあるということです。この優雅さの中で各メンバーのソロが、生きたものになっております。
さてこのミンガス・ダイナスティの活動がどのような形で終焉を迎えたかは分かりませんが、1991年からミンガス・ビッグ・バンドなるものが結成され、今でも活動しており、来日公演も行なっています。主催はミンガスの奥さんであります。分からずに言いますが、ミンガス・ダイナスティの終焉にはこのミンガス・ビッグ・バンドが関連しているのかもしれません。
 
》記事一覧表示

新着順:163/2186 《前のページ | 次のページ》
/2186