新着順:255/2185 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

大安

 投稿者:マハール  投稿日:2017年 8月 9日(水)07時09分2秒
  通報
  今日の1枚は、Don Cherry の Brown Rice、A&M原盤、1976年の録音です。この作品の
出所については、少し不明であります。イタリアのEMIが最初にこの作品を発売
したとのことで、日本では輸入盤を通して一部のジャズ・ファンの間で話題になった
作品とのことです。その後は世界的に発売されるようになったとのことです。
私は1980年代半ばに国内盤で発売された際に購入しました。封入解説には青木和富氏
と共に、傅進幸氏が解説を書いております。ジャズ好きの多くの方はオーディオにも
関心があると思いますので、オーディオ評論家の傅氏のことは既知のことでしょう。
今では数が減っているオーディオ評論家ですが、実際に世界中のメーカーを訪問して
目で確かめてくる傅氏は、長年に渡って活躍されています。その氏が本作に書いた
解説とは、ルディ・ヴァン・ゲルダーのことです。氏の知合いがヴァンゲルの録音
スタジオを訪問した際に、アンペックスのテープレコーダーのメーターが振りきれて
いることを冒頭に紹介して、ヴァンゲルの思い切った録音手法について書かれたもの
です。そんなヴァンゲルがジョン・スナイダーと共にデジタル・リマスターを行った
盤を、今日は聴いてみます。




昨日の1枚は、Lee Morgan の Sidewinder。聴く早々に体でリズムを取りたくなる
タイトル曲の存在が、この作品の柱でしょう。ソロ先発のモーガンは、ハリスと
ヒギンズの叩き出すリズムに乗りながら、まるで踊っているような演奏を聴かせて
くれます。続くソロはヘンダーソン。こちらはリズム陣を鼓舞するかのような演奏
であります。モーガンはこの作品で、初めてヘンダーソンと共演しました。レナード・
フェザー氏が書いたライナー・ノーツで、モーガンはヘンダーソンとの初共演に
ついて、次のように語っています。「私は一度もヘンダーソンと一緒に演奏したこと
はありませんでした。けれど彼が最初にブルーノートのためにレコーディングした
セッションを、私は聴いていました。そしてライオンが今回のレコーディングで誰と
共演したいのか聞いてきた時、即座に思い浮かべたのがヘンダーソンのことでした。
私は彼のサウンドを覚えていましたし、彼が他とは違ったアプローチの持ち主である
ことも知っていました」とのモーガンのコメントですが、演奏を聴くと、モーガンの
この想いはこの作品できちんと実を結んでおります。この作品全5曲とも、モーガン
作のものです。第2期モーガンの始まりと言っていい本作品は、自身の曲を演奏して
いくこれからのモーガンの姿を、見事に捉えた作品と言えます。


 
》記事一覧表示

新着順:255/2185 《前のページ | 次のページ》
/2185