新着順:311/2185 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

23度、スリーピング ビューティー ~禁断の悦び~

 投稿者:マハール  投稿日:2017年 6月10日(土)07時59分24秒
  通報
  今日の1枚は、Nat Adderley の Work Song、Riverside原盤、1960年1月の録音です。
ナット・アダレイの代表作を、今日は取上げます。第一期アダレイ兄弟バンドは1956
年に結成されましたが、成功しないまま翌年には解散となりました。そしてその
2年後に第二期アダレイ兄弟バンドが結成され、大人気バンドになっていきました。
その大人気を得て行く姿を聴ける作品は、この「今日の1枚」でも取上げてきました。
今日取り上げる作品はナットのリバーサイド3作目であり、第二期結成直後の演奏
であります。ウエス,ディモンズ,サム・ジョーンズ,そしてルイ・ヘイスが
参加しており、またチェロ奏者を加えております。第二期アダレイ兄弟バンドの
重要レパートリーとなる本作タイトル曲ですが、ここが初演なのかどうか調べましたが、
分かりませんでした。



昨日の1枚は、Michel Legrand の Legrand Jazz。いかにもおフランスものと言った
演奏内容です。このまんまフランス映画のサントラとして使えそうな演奏です。
マイルスとコルトレーン入りセッションにおいても、アドリブの妙を聴ける訳は無く、
ルグランのアレンジに沿って、ルグランの指揮で吹き込まれた演奏です。アドリブ
らしきものも、譜面に書かれているように感じます。その中で「Round Midnight」での
マイルス、この曲のメロディを吹いているのですが、そこでの彼のミュート・トランペット
の存在感は流石のものでした。


 
》記事一覧表示

新着順:311/2185 《前のページ | 次のページ》
/2185