新着順:234/2099 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

20度

 投稿者:マハール  投稿日:2017年 6月 1日(木)07時41分50秒
  通報
  今日の1枚は、Wynton Marsalis の The Majesty Of The Blues、Columbia原盤、
1988年10月の録音です。私のレコード・CD買いは、ジャズ聴き始めの1982年から
最初の香港赴任となる1991年までの10年間に集中しております。新譜と中古を
合わせれば、月に20枚は少なくとも買っていました。当然ながら1度聴いて終り
の作品も多いものでした。ジャズ黄金期の作品が購入の中心のなっていたのですが、
やはりその時代のジャズも聴こうとの思いで、新譜もそれなりに購入したました。
この時期の時代の寵児であったウィントン・マルサリスもそんな思いで何枚か買った
ミュージュシャンです。しかしながら、傾聴するまでにはならず。今日取り上げるこの
作品も数回聴いただけだったのでしょう。マルサリスが3管編成に挑みだした
最初の作品になります。「ブルースの荘厳」と題された作品を聴いてみます。
 
》記事一覧表示

新着順:234/2099 《前のページ | 次のページ》
/2099