新着順:326/2185 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

21度

 投稿者:マハール  投稿日:2017年 5月25日(木)06時54分42秒
  通報
  その前に、この作品が録音されたとした2001年1月1日(月)の新聞を見てみましょう。
先ずはトップ記事。
日経「未知の文明へ一歩、崩れる秩序、問われる人」
新コラム「技術創世記」の1回目です。

読売「燃料電池車、共同開発へ、トヨタ・GM・エリクソン連合、ガソリン変換型、
      世界標準を目指す」
ガソリン変換型とは、ガソリンから取り出した水素を化学反応させ電気を作るとの
ことですが、この方式での燃料電池車の市販は、私がネットで調べた限りでは無いよう
です。またこの3社、共同開発といかなかったようです。

朝日「20××年、人・モノ・文化の壁が崩れた。アジアの通貨が一つになり、
      そして円が消える。壁を超えアジアに融合」
新コラム「日本の予感」の1回目です。
日経と朝日の新コラム、「崩れる」が重要な点のようです。



ではこの1月1日の日経新聞から少しばかり紹介します。
・1面にウォルマート進出、2002年にも日本1号店、小売世界最大」とあります。
これは2002年にウォルマートは西友に業務・資本提携をし、そして2005年には完全
子会社化し、ウォルマートの日本での事業は今でも継続しております。
世界の小売業ランキング2016では、ウォルマートは引き続き1位であります。では
他の小売会社の日本進出は如何なものなのでしょうか。
2位のコストコ(USA)は1999年に日本進出し、現在では25店舗を運営しています。
3位のクローがー(USA)はアメリカ内での事業で、日本に進出しておらず。
4位のシュバルツ(独)は欧州だけでの事業で、日本に進出しておらず。
5位のテスコ(英)は、2003年に日本進出しましたが、2013年には撤退しました。
・元旦特集内に「大東京千代田火災という社名に、しませんでした」との広告が
あります。この年の4月に、大東京と千代田が合併して、あいおい損保になるとの
広告です。大型企業の合弁の際には、全くの新社名にする場合(例.みずほ銀行)と、
連名方式の場合(例.三井住友銀行)があります。私は、その合併が最終形ならば
新社名、業界の吸収合併の1つのステップならば連名方式が良いと思います。しかし
ながら当事者は常に最終形と考えているはずですね。
・TV欄を見ると、地上波キー局がBSにも局を構えています。テレビ東京系の
BSジャパン15:35「20世紀最後のスーパースター 美空ひばり」という番組が
あります。BSでのひばり特集、今でも続いていますね。
 
》記事一覧表示

新着順:326/2185 《前のページ | 次のページ》
/2185