新着順:258/2099 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

21度、最後の恋のはじめ方

 投稿者:マハール  投稿日:2017年 5月 7日(日)07時50分50秒
  通報
  今日の1枚は、Kronos Quartet の Monk Suite、Landmark原盤、1984年の録音です。
クロノス・クァルテットは弦楽器奏者だけのグループであり、現代音楽を専門に
演奏しており、1970年代初めから今日まで、メンバーの変遷はありながら常に活動
しております。その音楽の方向は、時には民俗音楽に向かうなど、多面的な部分も
あるとのことです。このグループにジャズ・ファンが注目したのは、当然ながら
その方向がジャズに向かった時のことでありました。私の記憶の限りですと、モンク
とエヴァンスをテーマにしたレコードを発売しました。今日取り上げるのはモンク
の作品を取上げたものです。1985年に発売され、それなりに話題を呼んだものでした。
ロン・カーターがゲストで参加しております。



昨日の1枚は、Beverly Kenney の Snuggled On Your Shoulder。アルバム・タイトル
ですが、邦題は「ふたりでお茶を」になっています。原題も邦題もこの作品に収録
されております。原題はこの作品を象徴するのが「Snuggled On Your Shoulder」と
考えてのことなのでしょう。まさにその通りで、彼女の特徴が存分に現れている
歌いっぷりです。邦題の方は、作品の中から最も有名な曲を選んだのではと思います。
デモテープということでリラックスしての歌声、これはこれで素敵なものでした。




 
》記事一覧表示

新着順:258/2099 《前のページ | 次のページ》
/2099